プロフィール

ナナミ

Author:ナナミ
ようこそ!ケセラセラへ!

【今日の順位】
JKランキング
人気ランキング 
学生ランキング
ポチっとお願い!

「女子高生ナナミ」の「夢」を実現させる為noブログですw ↓↓詳細プロフィ

que_sera_sera_convert_20080312120728.gif


最近の記事


月別アーカイブ


RSSフィード


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3Fの手術室に看護師さんに車椅子を押されて到着。

自動ドアを入ると、更にドアが。
電話で看護師さんが連絡。
中から男性の看護師が現れる。
名前と手術箇所を聞かれる。

確認を終えるともう一つの扉の中に。
何か「映画の007」を思い起こす。

実は看護師さんに「007」みたいですね^^って話していた。
怖さを紛らわせるために出た発言だとを自分自身で分かっていた。

心拍数も最高潮!だと思う。

車椅子のまま、まずは角の部屋へ
そこで心電図など測る器具を装着する。
男性看護師が私の心を和らげてくれるように声をかけてくれていた
ことは覚えているが・・・何を言ってくれたのかは思い出せない。

胸に心電図の何かを装着。
車椅子でいざ、手術室へ
女性スタッフが2・3人いたことは覚えている。
看護師さんなのか助手なのか、医師なのかはいまだに分からない。

車椅子から一人がやっと寝れるようなベットに移る。
足が震えているのが分かる。
左腕には点滴。右足には血圧を測る器具が装着。鼻には酸素を送るパイプが。
自由が利くのは左足と右手のみ。

もう逃げることもできない。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんにちわぁ!

ちょっと考えたんだけれど
これからも今まで通りにコメントをすることにしました。

手術って怖いと思う。
だって、自分の身体を傷つけられちゃうんだもんね。
あたしだったらきっと
怖くて泣いちゃっていたと思う。

こういう言い方は変かも知れないけれど
ナナミちゃんは普通じゃ経験できないことを
経験したんだよね。

うちのお母さんも網膜剥離の手術をしたけれど
ナナミちゃんの記事を読んでいて
何か規模が違うっていう感じがしました。

ナナミちゃんがどれだけ心細かったかって思うと
頑張ったんだなって思いました。

あたしじゃ出来ないな。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。